自律神経失調症の治療法は、以下のようなものです。 ・薬での治療 ・一般心理療法 ・整体(整体師には国家資格がないため、人によって著しい腕の差があるでしょう)療法 ・自立訓練法 まず、薬物療法とは、薬によっても自律神経失調症(不規則な生活やストレス、女性ホルモンの影響など、人によって原因も畭なります)を治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)するというものです。 一般的に、抗不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)剤や抗うつ剤、睡眠誘導薬、ホルモン剤、自律神経(交感神経と副交感神経の二つに分けられます)調整剤などが使用されます。 服用することは、副作用があるというのを忘れないようにするのです。 特に、抗不安剤や抗うつ剤は、強い副作用が起きることがありますから注意してください。 一般心理療法(高度な専門知識、経験を持つ専門家でも、確実に症状を改善できるとは限りません)は、自律神経失調症(全身倦怠や集中力の低下など、不快な症状が現れます)を引き起こしている問題を認知療法や行動療法、家族療法、認知行動療法などで解決するといった治療法です。 整体療法では、体の歪みを整えることで自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)のバランスを改善し、症状を和らげます。 自立訓練法とは、自己暗示によって精神状態を安定させるという治療法で、とりあえず自分ひとりで行うのが難しいので、指導者のサポートが必要です。 自律神経失調症になった場合、こういう方法で治療を行うのが一般的でしょうー